バジリスク絆(パチスロ)の設定変更の朝一解析

今も昔の朝イチはとても重要!

ゾーンや天井などの

期待値を追う立ち回りも立派な戦術ですが、

やっぱり朝から

1日中高設定を打ちたいというのは

多くのスロッター共通の思いでしょう。

そのためには設定変更か、

据え置きなのかをしっかり判断したいところ。

今回は稼働良好な

バジリスク絆の変更判別について

まとめてみました。

スポンサーリンク

変更判別はBCを引くまで!

バジリスク絆は設定変更すると、

滞在モード、

状態、

BCスルー回数、

BC間天井ゲーム数がリセット、

再抽選されます。

設定変更後は約35%

チャンステーブル以上、

約30%で(超)

高確状態からスタートします。

バジリスク絆の

状態はゲーム数管理なので、

最低でも15G間に

高確示唆演出が発生すれば、

設定変更の可能性が高くなります。

また、

朝イチのBCは

滞在モードの推測ができる朧がベスト!

打ち始めてから高確挙動が思わしくなく、

BC終了画面が三日月の場合は、

低モードの可能性が低くなるので、

リスク回避でヤメるのも一案です。

カニ歩いて変更濃厚台を

耕すのも良いかもしれません。

逆に、

半月が出たりBC成立時に

BTに当選しているようなら、

チャンステーブル滞在の期待が高まります。

モードは読みにくいので

変更判別の要素としては弱いですが、

次回BCまで追うかどうかの

強い判断要素となります。


スポンサーリンク

ガックンは有効??

ユニバ系筐体のバジリスク絆は、

設定変更するとリールがガックンします。

ただ、

バジリスク絆はリールが小さく、

サミー系や北電子系の筐体のように、

わかりやすくはありません。

また、

回転前にホールが1G回したり、

ボーナス図柄揃いにして

対策をしているホールもあります。

目の前の台のガックン判別と同等以上に、

前日閉店時との出目の変化や、

周囲の状況なども踏まえて

判断した方が強い根拠となるかもしれません。

なかなか一筋縄では

いかないバジリスク絆の変更判別ですが、

これらの特徴や子役確率、

レア役による状態移行など、

高設定が期待できる挙動を

見逃さずに判別していきたいですね。

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>