バジリスク絆テーブルの詳細!朧BCの法則

雑誌やインターネットで

バジリスク絆に関する情報を見てみると、

「なかなか複雑そう…」

といった印相を受けるのではないでしょうか?

例えば、

モード移行によるテーブル一覧。

バジリスク絆には

27個のテーブルによって

モードが管理されているので、

これを覚えるだけでもなかなか大変です。

ですが、

これを知っているだけで、

立ち回りの幅は大きく変わります。

スポンサーリンク

テーブルの分類は5パターン

前述の通り、

バジリスク絆には27個のテーブルがありますが、

5つのパターンに分類できます。

A~J…通常A(基本となるテーブル)

K~N…通常B(上位モードへの移行が優遇されているテーブル)

O~U…チャンス①(上位モードの振り分けが高いテーブル)

V~X…チャンス②(規定BC回数が短いテーブル)

Y・Z…天国(規定BC回数が1回)


スポンサーリンク

BTの当選率は、

通常時に滞在する

モードの影響が大きく左右します。

モードはA~Eの5つあり、

A<B<Cの順にBT突入の可能性が高くなります。

D・EはBC当選=BT確定となります。

このモードの振り分けを行っているのが

テーブルという認識でよいでしょう。

通常Aと通常Bは

低モードの選択割合が多く、

BCに当選しづらく、

逆にチャンステーブルは高モード、

特にモードCの割合が高くなります。

テーブルは、

BT当選で再抽選が行われます。

「同じグループのテーブルが選ばれやすい」

という特徴があり、

通常A滞在中は

通常Aへの移行が88.99%となっています。

一方チャンステーブルにいた場合は、

56.25%と、

1/2以上の振り分けでループするので、

上位テーブルに上がればその名の通りチャンスです。

テーブルの見分け方は?

とはいいながら、

テーブルはもちろん、

モードを見抜きにくいものです。

目に見えて分かるのが朧BC終了時の月の形。

半月なら次回モードC以上、

赤満月ならモードD以上が確定します。

1・2回目のBCで半月が出現すれば、

チャンスモードの期待が高まります。

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>