年末年始のおうち時間用!ゲームアイディア5選

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、おうち時間が増えた2020年以降、多くの人が家で出来る新たな趣味を見つけたことでしょう。ゲームの需要がかなり上がったことも話題になりました。その中でも特にニンテンドースイッチのゲーム「あつまれどうぶつの森」は世界的に大ヒットしました。残念ながら、まだコロナウイルス収束の兆しもないため、今後もおうち時間を楽しくできるゲームが必要かもしれません。今回はそのアイディアを紹介します。

マリオパーティー(ニンテンドースイッチ)

64から始まりゲームキューブ、Wii、DSと様々な形でリリースされてきたこの人気シリーズはスイッチでももちろん人気を博しています。

同時に四人まで一緒に遊ぶことの出来るこのソフトは家族や友人とおうちで過ごすことが多くなる年末年始の休み期間にはもってこいなゲームかもしれません。

桃太郎電鉄(ニンテンドースイッチ)

通称桃鉄。発売当初から芸人やユーチューバーによって実況動画が多くアップロードされ、その都度プレイしてみたくなった視聴者の方も多かったのではないでしょうか。この桃鉄の最初のシリーズは遡ること約33年、1988年に発売されたファミコンのソフトでした。大人が楽しめるのはもちろんのこと、子供にとっては日本全国47都道府県や地理が学べることで、罪悪感なく楽しむことが出来ることも魅力の一つなのかもしれません。

バイオハザード4VR版(Oculus Quest 2専用)

画面上だけのゲームでは味わえない臨場感、迫力をリアルに感じられるVR。発売開始以降、様々なソフトがリリースされてきました。今年10月に発売されたバイオハザード4はまさにVRに最適なアクションゲームで、VRだからこその恐怖感と戦争部分の面白さが人気の秘訣だそうです。

スター・ウォーズ(PS4・ニンテンドースイッチ)

傑作の4作品、スター・ウォーズジェダイナイト2:ジェダイアウトキャスト、スター・ウォーズ ジェダイナイト:ジェダイアカデミー、スター・ウォーズ エピソード1 レーサー、スター・ウォーズ リパブリック コマンドが今月の23日に発売されることが発表されました。

熱狂的なファンが多いことで有名なスター・ウォーズなので、待ち遠しい人が多いのではないでしょうか。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)

最新ゲームではなく、人とは違ったゲームを楽しみたい!といった方には、ゲーム自体を作り出していただくのはいかがでしょうか。Raspberry Pi、通称ラズパイを使って製作すれば、子供時代に遊んでいた懐かしいゲームをプレイすることだって出来ます。

Raspberry Piの入手方法は、国内の正規販売代理店だとRS Components、もしくはアマゾンなどもあります。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です