バジリスク絆の設定6スランプグラフ!

設定6は抜群の安定感!

バジリスク絆の設定6の

機械割は119%超と、

現行機種の中でも

最高峰のスペックを有しています。

しかし設定推測は難しく、

長時間打たないと設定が見えないことも…。

設定6を探す指針となるのが、

データ表示器で閲覧できるスランプグラフ。

設定6が期待できるようなスランプグラフとは?

スポンサーリンク

設定6の挙動の特徴としては、

・BCに当選しやすい

・BTに突入しやすい

・BTが継続しにくい

という特徴があります。

設定6のBC初当り確率は約1/118.6、

BT突入率は1/245.1と、

設定5(BC:1/130.1、BT:343.1)

と比べても別格とも言える数値になります。

その反面、

偶数設定の特徴でもあるBT継続率は、

最低継続率である25%が

選ばれやすくなっています。

BTはBCとのループによって

出玉を伸ばすことが多いので、

BT初当りが多いほど、

ロング継続のチャンスが多い仕様です。
上記の理由から設定6は、

直線的な下降線が少ない、

右肩上がりの

スランプグラフになることが多くなります。

スポンサーリンク

ホールに設置されているデータランプは、

スランプグラフとともに

履歴を見られることがほとんどです。

設定6は他の設定と

比べてBT間のハマりが少なく、

3回目のBCまでに

BTに突入しやすい傾向があります。

履歴を閲覧すれば、

スランプグラフでは

把握しにくいボーナス情報の

詳細を知ることができるので、

良好なスランプグラフを

描いているスランプグラフがあれば、

履歴で詳細なデータを採取して、

立ち回りに活かすことができます。

他に大きな設定差があるのは、

弱チェリー確率。

設定1~設定6で1/44.4~1/39.7と、

他の小役よりも

大きな設定差が設けられています。

通常時・BC・BT中すべてで

サンプルが取れるので、

出玉推移とともにカウントをすると、

設定推測の目安となります。

スランプグラフ、

履歴、

小役確率を併用して、

設定6看破を目指しましょう!

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>