バジリスク絆設定6の特徴とスルーの回数について

機械割119%超の

エクストラ設定として、

打ち手からもホールからも

重用されているバジリスク絆の最高設定

それだけに、

掴んだら見切ることなく

打ち続けたいですよね。

バジリスク絆の設定6は、

他の設定と比較して

BTに当選しやすいという傾向があります。

その理由とは?

スポンサーリンク

設定6は、

BT抽選に関する数値が、

他の設定と比べて優遇されています。

・同色BC確率が優遇されている。

・通常時、レア役(チェリー・共通ベル)で高確に移行しやすい。

・BC中、レア役によるBT当選確率が高い。

通常時は、

高確時の同色BC当選が、

BT突入の近道。

設定6はそのチャンスが訪れやすく、

BC中の抽選も優遇されているため、

他の設定よりもBTに突入しやすくなっています。

シミュレートでは、

設定6は、

約85%で3回目

BCまでにBTに突入します。

とはいえ、

BT突入率が悪いという理由だけで

やめてしまうのは早計。

4回・5回スルーも十分に起こりえますし、

7・8回スルーした…なんて報告も。

短時間の試行で

はなかなか設定推測は難しいものです。

そこで重要になってくるのが、

他の設定差がある要素です。具体的には

・弱チェリー確率(設定1~設定6:1/44.4~1/39.7)

・同色BC出現率(設定6:赤同色→1/766.1 青同色→1/1149.2)

などが挙げられます。

スポンサーリンク

弦之介BC中の

高設定確定演出や

BC入賞時のLEDランプなど、

確定演出が出現すればよいのですが、

打ち始めて早い段階で

なかなか都合良く出てくれるものでは

ありません。

さまざまな場面に

設定差がついているものの、

設定推測は

意外と難しいのがバジリスクシリーズ。

それは絆にも当てはまります。

BCスルー回数は

大きな看破要素となりますが、

そこだけに依存しないで、

設定差のある要素を総合的に

懸案していくのがよいでしょう。

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>