バジリスク絆!朧BCモード月選択率!復活や継続率について!

BCとBTのループによって

出玉を増やすゲーム性が魅力のバジリスク絆。

勝つためにはBTへ突入させることが必要不可欠です。

突入のカギを握るのが、

通常時のモード。

データからは読みにくいので、

BCでは朧を選択して推測をする人も多いでしょう。

しかし、あくまでも「推測」

その信頼度とは?

スポンサーリンク

朧BC中の月の形が

次回モードを示唆していることは、

知れ渡っています。

月の形は三日月・満月、半月、

赤満月の4種類があり、

各モードでの選択率は、

以下のようになっています。

A B C D
三日月 64.5% 31.3% 18.8% 12.5%
満月 35.5% 68.7% 18.8% 12.5%
半月 62.5% 25.0%
赤満月 50.0%

三日月・満月は全てのモードで

選択される可能性があり

半月ならモードC以上、

赤満月ならモードDが確定します。

注目するポイントはその選択率で、

概ね2/3で月の形と滞在モードがリンクしています。

50%と最も低い赤満月でも、

半月と合わせると75%に上るので、

打ち続けても支障がないでしょう。

C・Dモードの場合、

三日月・満月が1/3~1/4ほど

選択される可能性もありますが、

BCスルー回数や

通常時の演出などからも推測が可能です。

モード移行テーブルから考察すると、

連続スルー回数が多いほど

モードC以上の期待が高く、

4回スルー後はおよそ

75%でモードB以上に滞在します。

また、

5回目以降で

モードAテーブルとなるのは、

BCスルー天井が10回のNテーブルのみで、

BC当選後は次回BCが確定(BC天井が1回)する

Y・Zテーブルへの移行が確定します。

スポンサーリンク

またモードCでは通常時、

通常リプレイや

押し順ベルで高確に上がりやすいので、

レア役を経由せずに高確示唆演出が出た場合は、

モードC滞在が濃厚です。

モードCにいる場合は、

次々回のモードはモードCが確定するので、

粘る価値はあるかと思います。

月の形と併用して、

状況や通常時にも常に予測をしていると、

立ち回りに有効なだけでなく、

通常時もさらに楽しくなりますね。

1・2・・>>次のページへ

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>